2017年5月 スイミング ニュースの記事一覧

2017年5月21日(日)に水難事故防止を目的に当クラブにて
「着衣泳実技講習会」を実施しました。
平成27年度の水難事故発生件数は1450件、内大阪府は88件と
全国ワースト1の発生率でした。夏に向けて、海や川などでレジャーを
楽しむ方が増えてきますが、安全に楽しむために、是非もう一度
水難事故防止についてお子様等へお伝え願います様お願いいたします。

≪着衣泳講習会の一部をご紹介いたします≫

まずは体操ルームで安全水泳に関する講習会を実施。
なぜ水難事故が起きるのか?どのように身を守るか勉強しました。


ここからはプールを利用して実技講習会の実施。
洋服を着たまま歩いてみました。普段水着で泳いでいるプール
とは全く違った感覚を体験しました。

水の上を浮いて助けを待つ練習。洋服を着ていると浮きやすいが、
ペットボトル等があればもっと浮きやすい状況になります。ほかには
何はあるかみんなで考えました。クーラーボックスもかなり
浮きやすいです。

クロール・背泳ぎを泳いでみました。洋服を着ていると泳ぎづらく、
すぐに疲れてしまうことを体験。自力で岸に戻る方法もありますが、
体力温存の為に、泳がず浮いて助けを待つことも大事な一つです。

障害物をくぐる練習もしました。場合によっては水中を潜って
避難する場合を想定して練習しました。洋服を着ていると普段簡単に
潜れるプールもかなり潜りづらそうでした。

ブリヂストンスイミングスクールとして今後もこのような講習会を
考えています。是非ご参加ください。

≪最後に一言≫保護者様へ
お子様が友達同士で出かけた際に、万が一おぼれている人を見かけたら、
浮き具を投げる・周りの人に助けを求める等、対応いただき、自ら水に
飛び込んで助けに行かないことを強くお伝えください。

 

 

このページのトップに戻る

このページの先頭へ