スポーツ スタッフブログ

ブリヂストンスポーツアリーナ久留米フットサル
フットサル専属インストラクターが解説(その1)

ブリヂストンフットサル

男女問わず子供~大人まで楽しめる環境サポート。
ボールを蹴り楽しく体を動かせる場所。

『10月現在フットサル全般の営業状況について』
10/1日(金)緊急事態宣言は解除となりますが
状況として予断を許さない環境下にあります。
新型コロナウイルス感染防止対策においては
JFA・日本フットサル施設連盟のガイドライン。
また弊社が掲げる感染防止対策に沿っておこない
皆様の協力もあり問題なく活動をしていましたが
現状、感染拡大未然防止の観点から継続して休講
とさせていただいています。
皆様方には大変なご迷惑をお掛け致しております。
誠に申し訳ございません。その旨ご理解いただき
今しばらくの間営業を見合わせることになります。
再開条件を見いだし対応に取り組んでまいります。

サッカーインストラクターが紹介する考え(その1) 

(足元プレー表現。知識と必要性)

ゲーム展開(ローテーションと働きと理解)
●戦術の型にこだわり過ぎる仕掛けパターン。
1、相手次第でパスが噛み合わない場面が増える。
2、動きが制限され周りの動きを頼りがちになる。
3、パスが行き詰まりった時、修正が難しくなる。
※周りの動きを待つだけでなく自らエスコート。

●個人技に頼りこだわり過ぎる仕掛けパターン。
1、持ちすぎは攻守のバランスが取りにくくなる。
2、こだわると追い込まれ、奪われやすくなる。
※個人技で仕掛けるのは良いが無理をしない。
※自己中心的なプレーにならないようにする。

(理想の考え方)
1、チームワークとリズムは大切。
2、連係プレーは、シナリオの理解が必要。
3、相手DFを前に如何に攻め入るか考える。
4、場面を理解して仕掛けるパターンは有効。
5、理解あればその場で展開は組立てられる。
(チームワークの必要性)
1、ある場面で誰かがシュートを狙えるため。
2、各々が場面でスキル表現をしやすくするため。
3、得点チャンスは場面の一瞬の表現から生まれる。
※勝敗は結果であり楽しくプレーしましょう。

技術を身に付ければ幅広い表現ができ豊かになる。
プレースタイルは様々ですが、走る、体を張ること
に頼らず、
少しでもボールコントロールを覚えると
周りが見え
、考えに余裕ができて相手が近寄って
焦らず臨機応変に次のプレーが処理できます。
※表現に自信をつけて自由にプレーしたいものです。

足元のボールキープには色々な表現。
1、相手を交わすボール扱い(チャンスを狙う)
2、取られないボール扱い(キープ力)
3、相手を近づけないボール扱い(誘い)
4、周りを見るボール扱い(ゲーム展開・間合)
※足元キープは判断力と場面にあった表現力が必要。

ボール扱いが上手くなれば、より楽しめる。
2、スタイリッシュにプレーでき存在感を主張できる。
3、別のチームで呼ばれた時も心おきなく参加できる。
4、自信に繋がり、活動が一段と楽しいものとなる。
5、多少体力が落ちても年齢に関係なくプレーできる。

人参加型フットサル
個人的に参加できるシステム紹介

フットサル専属スタッフがエスコート。
他では学べないブラジル知識exclamation
ブラジルプロサッカーで4年間プレー実績。
楽しくレッスンをおこない
一緒にプレーして
ボール扱いや動き方を実践解説します。

(こんな方にお勧め:Q&A)
Q:初心者ですがフットサルを始めてみたい。
A:初心者歓迎。恥ずかしくはありません。
本人レベルを気にせず気軽にお越しください。
スタッフが楽しくエスコートいたします。

Q:現在活動するチームではゲームのみ。
足元プレーが
もうちょっとプレー表現できれば
A:
ゲームはやはり楽しいもの!
個人プレー表現を覚えるには練習時間も必要。
少しでも上達したい方、
是非お越しください。

Q:ボールを蹴る環境がない、ゲームがしたい。
A:当個サルはレッスンも受けられる場所。

人数揃えば紅白戦、少人数時はミニゴール使用。
※人数を皆の協力で募れたらと思います。

Q:運動不足を解消したい。
A:ボール扱いを兼ねて体の動かし方も説明。
楽しく体を動かしてシェイプアップに繋がる。
色々おこなうので、何気に運動になりますよあせあせ (飛び散る汗)

Q:親子でプレー。お子さんもレベルUP。
A:小学生時期だからこそ一緒に楽しめる。
保護者一緒に適度に体を動かして汗をかけば
ストレス解消にもなりリフレッシュできる!
スポーツを通じたコミュニケーションが図れる。
共感によって、お子さんと食卓での会話も弾む。

練習は厳しいものだけではなく楽しいものわーい (嬉しい顔)
繰返しボールを蹴り「感覚・イメージ」をキープ。
物の見方、考え方一つでサッカー概念も変ります。
理論はもとより体が動かなければ始まりません。

練習イメージはきつい、練習は楽しくない。
またへたくそだから人前でするのが恥ずかしいなど
段々自信がなくなり、ボールを蹴るのが飽きっぽく
なりがちですねexclamationですが…
目的を持ち意識してすれば意味がり充実感も湧く。
少しでも上達すれば喜びを実感できます。

“すべては場面に於ける一瞬のボールタッチのため”
ボールタッチに必要とされる繊細な感覚が養えて

すべてのボールコントロールのヒントに繋がる。

~ 今回はリフティングをテーマに練習 ~
ボールと遊ぶ。繊細なタッチが養われる。
浮き球を(右回り・左回り)で連続タッチ。
一人でボール蹴る時はリフティングをしますよね。
まずは通常のリフティング感覚を覚えることです。
最初は足が動かず上手くタッチができないと思う。
しかし慣れてくれば感覚も理解できるようになり
自然と足や体は動くようになります。


①タッチする瞬間から内側から右回し。

②ボールは優しく足が掛からないようにする。

③太ももをしっかり上にあげる。

ボールをひざ下の位置でまたぐ。

⑤落下位置を確認しながら振り下ろす。

⑥地面に付く前に間に合うようにする。

⑦ボールを受け止めたと同時に次の動作。

タッチする瞬間から外側から左回し。

浮かすタイミング、またバランスを崩さない。

⑩ボールをひざ下の位置でまたぐ。

⑪ボールの落下に間に合うように足を運ぶ。

⑫その後リフティング。

”好きこそ上手なれ”
① 興味を持つ。
② 楽しくおこなう。

③ 継続は力なり(イメージをキープ)
④ 繰り返しで自然と体で覚えていく。
⑤ ゲーム時にプレー表現の幅が広がる。


竹花 剛(通称:インディー)のプロフィール

こんにちは(Boa Tarde)

ブリヂストンスポーツアリーナ久留米フットサル 

[自己紹介]

名   前:竹花 剛(通称:インディー)

出   身:神奈川県横浜市

生年月日:1972年4月29日

色々な経験を積んでまいりました(南米仕込)

陽気で明るい性格です手 (チョキ)

当施設に来られた時は、是非声をお掛けくださいdouble exclamation

[主な経歴]

サッカー 高校サッカー選手権では全国ベスト8(日大藤沢)

サッカー ブラジルプロサッカーの経験あり(4年間)。

サッカー 日本フットサル選抜大会では全国3位入賞。

 


最近の記事


バックナンバー

このページの先頭へ