テニス スタッフブログの記事一覧

打球時の力加減

こんにちは。

テニスコーチの八尋です。

今回は「打球時の力加減」というテーマでお話をしていきます。

打球時の力加減とはそもそもどのくらいが良いと思いますか?

足や身体の力を抜きすぎては立っていられません。

手の力を抜きすぎてはラケットを支えられません。

力を入れすぎると疲れるし、怪我にも繋がります。

ではどのくらいの力加減が理想か。

 

①足を踏ん張る必要がない程度

②息が止まらない程度

③手でグリップを握りつぶさない程度

 

であれば良いと思います。

勿論、状況によって変わります。

あくまでも状況が悪ければこれらは崩される可能性は高くなります。

 

なので余裕がある時、特にラリー練習時なんかはイメージしてやりやすいと思いますので試してみてください。

ただこれらをクリアする為にはそれが出来る動きを覚える必要があります。

それが出来る動きとは

 

「動きの序盤」

 

が特に重要です。

思考錯誤していただければと思います。

こんにちは。

テニスコーチの八尋です。

今回は「試合時のアドバイスはほとんどない」というテーマでお話しをしていきます。

私はレッスン時の練習試合中のアドバイスはほとんどしません。

理由は

「試合は自由にしてほしい」

あるからです。

練習の時は

〇動き

〇状況

〇ポジション

〇ボール

〇相手の動きの観察

など色んな伝え方でアドバイスをしていきます。

そこで必要な事は

「しっかり意識をして練習をする」

事を第一に考えています。

しかし、試合中というのは

「覚えた技術や戦術を試す場」

として活用してほしい。

と思っています。

試合の中では確率でいうとこうした方が良いという選択は存在します。

しかし、あえて逆を狙ってみたり、基本をはずす事は悪い事ではありません。

お客様がとった行動に

「意図がある」

なら何も言いません。

練習では基本を伝えますが、試合ではあえてそこを外すのもありです。

後は練習の時は自信がなくてもたくさんの失敗をしてほしいですが、試合の時はその時に1番自信があるプレーをしてください。

色々試してください。

意識と無意識

こんにちは。

テニスコーチの八尋です。

今回は「意識と無意識」というテーマでお話ししていきます。

テニスの練習の時に何を意識しますか?

練習と言っても色んな練習がありますね。

〇素振り

〇壁打ち

〇球出し

〇ラリー

〇形式練習

〇ゲーム練習

など沢山ありますが、それぞれの練習で意識をしながら練習をしてほしいと思っております。

では何を意識したら良いのか。

〇動き

〇ボールのコントロール

〇ポジション

〇状況判断

〇メンタル

などあると思いますが、まず第1に考える必要があるのが

「動き」

になります。

どれだけ球出しやラリーやゲームで練習しても、動きが悪いと

〇安定しない

〇スピードが出ない

〇回転を使えない

〇怪我につながる

からです。

すべての練習で言える事としてまずは、

「良い動きを覚える」

覚えるために必要な事が

「意識して練習する事」

になります。

最初は意識しても上手くいかない、力が入らない、打点が分からないなどなると思います。

しかし、人間は癖がつきます。

良い癖も悪い癖も反復練習する事によってついてきます。

悪い癖を習得してしまう前に良い癖をつけたい。

けど、悪い癖がついたとしても良い癖を反復する事によって習得できるようになります。

出来るようになる人とそうじゃない人の違いは

「出来ると信じているかそうじゃないか」

です。

まずは意識してみっちり練習しましょう。

意識を繰り返す事で無意識に変わります。

このページのトップに戻る

このページの先頭へ