テニス スタッフブログ

サーブ、ボレー、スマッシュの適切なグリップ

こんにちは。

テニスコーチの八尋です。

今回は「サーブ、ボレー、スマッシュの適切なグリップ」というテーマでお話をしていきます。

まず、サーブ、スマッシュ、ボレーは基本的にコンチネンタルグリップを基本にした方が良いです。

理由として厚いグリップと比べて

〇サーブ

・回転サーブが打てる

・速いサーブが打てる

・高い打点で打球出来る

・高い打点で打球出来るから角度をつけることができる

〇スマッシュ

・横向きで打球出来る(横も後ろも守備範囲が広い)

・後ろ向きでも打球が出来る(前後の守備範囲が広い)

・ボールが自分から遠くても速いボールが打てる

・角度をつけやすい

〇ボレー

・横向きで打球出来る(横も後ろも守備範囲が広い)

・後ろ向きでも打球が出来る(前後の守備範囲が広い)

・みぞおちの下あたりからなら左右どちらもバックハンドボレーで返球が出来る

 

のがメリットです。

 

フォアハンドボレーのグリップをイースタン近くで握っているプロの選手もいます。

しかし、なぜそのグリップが良いのか。

プロの選手には理由があります。

・厚い当たりで前でとらえたい

・横向かずにそのまま打ちたい

・パンチの利いたボールを打ちたい

など

 

自分なりの理由があればいいと思います。

「なんとなくやりやすいから」

ではプレーの幅を狭めたり、怪我になる可能性もあります。

 

 

 

 

 

 

 

八尋 健のプロフィール

ブリヂストンスポーツアリーナ久留米テニススクールコーチの八尋です!
主な戦績
○2009年
関西学生テニス選手権大会 BEST4
○2012年
九州室内テニス選手権大会 優勝
○2014年
全国テニス選手権大会 準優勝
○2017年
全国テニス選手権大会 優勝
※戦績はすべてシングルスです。
自分のモットーは生涯現役。
コーチと選手を両立させ、自分の経験をもとにお客様がよりレベルアップ出来るようサポートしたいと考えています!!
気になった方はぜひブリヂストンスポーツアリーナ久留米テニススクールへ!宜しくお願い致します!!


最近の記事


バックナンバー

このページの先頭へ