テニス スタッフブログ

フォアハンドストロークの適切なグリップ

こんにちは。

テニスコーチの八尋です。

今回は「フォアハンドストロークの適切なグリップ」というテーマでお話をしていきます。

フォアハンドストロークのグリップでオススメは

 

「イースタングリップかセミウエスタングリップ」

 

です。

理由としては

・肘を伸ばしても曲げても打球が出来る(守備範囲が横に広い)

・打球時に横向きでも前向きでも打球出来る(守備範囲が前後に広い)

・回転の量を調整しやすい(フラットからスピン)

・肘への負担が少ない

・腕の振りだけでも打ちやすい

 

逆にオススメじゃないのは

「ウエスタングリップよりも厚め」になります。

になります。

理由は上のメリットの逆で

・肘を曲げないと打ちにくい(守備範囲が横に狭い)

・打球時に前向きじゃないと打ちにくい(守備範囲が前後に狭い)

・回転が余計にかかりやすい

・肘への負担が大きくなりやすい

・足の蹴る力が必要になりやすい

色んなプロの選手もいます。

 

理由が自分の「やりやすい」だけなのであれば危険です。

怪我をする動きは

膝、肘

に負担が大きい動きになります。

 

膝を怪我する理由は

「足の力がないと打ちにくい腕の動きをしている」

肘を怪我する理由は

「前腕を積極的に回旋させないと打てない動きをしている」

 

その動きは厚すぎるグリップの方に多い動きになります。

 

気をつけて練習していただければと思います。

八尋 健のプロフィール

ブリヂストンスポーツアリーナ久留米テニススクールコーチの八尋です!
主な戦績
○2009年
関西学生テニス選手権大会 BEST4
○2012年
九州室内テニス選手権大会 優勝
○2014年
全国テニス選手権大会 準優勝
○2017年
全国テニス選手権大会 優勝
※戦績はすべてシングルスです。
自分のモットーは生涯現役。
コーチと選手を両立させ、自分の経験をもとにお客様がよりレベルアップ出来るようサポートしたいと考えています!!
気になった方はぜひブリヂストンスポーツアリーナ久留米テニススクールへ!宜しくお願い致します!!


最近の記事


バックナンバー

このページの先頭へ