テニス スタッフブログ

腕の動きを邪魔する動き

こんにちは。

テニスコーチの八尋です。

今回は「腕の動きを邪魔する動き」というテーマでお話をしていきます。

今回はフォアハンドストロークをベースでお話をしていきます。

私は普段、腕を自由に使いやすい動きをお伝えしています。

理由は「腕を自由に使えれば、足の力を借りなくても打球出来る」です。

足の力を借りなくても打球が出来るという事は

 

「足が使えなくてもなんとかなる」

 

という事になります。

つまり、

〇バランスを崩した

〇走りながら打たされた

〇打点が遅れた

〇ボールが変化した

などの状況が悪くなればなるほど動きでその後の状況が変わります。

 

コーチが出すボール出しのような状況であればどんな打ち方でも構いません。

 

しかし、テニスは色んな状況、色んな相手、色んな環境でプレーをする必要があります。

なので腕が使いにくい動きをベースにするのはやめたほうが良いです。

 

では腕が使いにくくなる動きとは何なのか。

 

それは

〇足で地面を蹴る

〇身体を回転させる

〇体重移動をする

〇力を抜いて入れる

などの動きです。

 

これらの動きは決してしてはいけない動きではありません。

余裕があるのであれば、相手のボールが簡単であればしても良いとは思います。

しかし、これらの動きをしないと打てないような動きはしない方が良いです。

 

まずが腕の動きを覚えましょう。

腕の動きを覚えた後に身体や足の動きを加えてあげてください。

 

 

 

八尋 健のプロフィール

ブリヂストンスポーツアリーナ久留米テニススクールコーチの八尋です!
主な戦績
○2009年
関西学生テニス選手権大会 BEST4
○2012年
九州室内テニス選手権大会 優勝
○2014年
全国テニス選手権大会 準優勝
○2017年
全国テニス選手権大会 優勝
※戦績はすべてシングルスです。
自分のモットーは生涯現役。
コーチと選手を両立させ、自分の経験をもとにお客様がよりレベルアップ出来るようサポートしたいと考えています!!
気になった方はぜひブリヂストンスポーツアリーナ久留米テニススクールへ!宜しくお願い致します!!


最近の記事


バックナンバー

このページの先頭へ