テニス スタッフブログ

大事な話

今回は、上達に欠かせないお話をします。

私はレッスン中によく、自分の動きを確認するように伝えています。

しかし、必ず

 

「自分の動きを見るのはイヤ」

「思っていたのと違うから見たくない」

「できているつもりができていない」

 

そんな言葉をよく聞きます。

しかし、それは私からすると「チャンスでしかない」と感じます。

自分の動きを見て思い通りにできているなら、変えるキッカケを作ることができません。

 

「カッコ悪いと感じる自分」

 

を見ることによって変えたいと思ってほしい。

私は昔から動きにコンプレックスを持っていました。

 

「強いけどカッコ悪いよね」

「強そうに見えないな」

「あなたよりあの人の方が上手いでしょ?」

 

学生の時にそんな言葉は飽きるほど聞いてきました。

私はその時に思っていたのは

「これが自分の個性だから仕方がない

諦めるしかない

そう思っていました。

 

私はテニスコーチになって色んな人の動きを知りました。

しかし、それも個性。

「個性を尊重して、上達の手助けをするのがテニスコーチ」と思っていました。

 

「打ち方よりも、戦術戦略の方が大事では?自分に見えない打ち方を考えるよりも、ボールの配球や相手のポジションを見て戦い方を考えた方がいい。」

 

そう思っていました。

でも今の私は、その考え方は全く違うと思っています。

理由は

・サポーターをつけてまでテニスをしている人がいる

・怪我のせいでテニスを辞めた人を何人も見てきた

・狙いたい場所がわかるのに狙えない

・打ちたいボールがあるのに打てない

色んな人を見てきました。

 

上達には動きの改善が必ず必要です。

動きの改善をする上で欠かせないのは

 

「今の自分を知って、改善のために何をすべきかを考えること」

 

になります。

しかし、ほとんどの人が「どうやって改善すればいいかわからない」と思います。

 

なので私たちテニスコーチの存在が上達には欠かせないのです。

テニスコーチは何百人、何千人もの人を指導した実績や経験があります。

 

自分で考えるよりも、「効率よく上達する方法」を知っています。

どうやったら自分が納得できるテニスができるのかの鍵は、

・優秀なテニスコーチ

・皆様の努力

が必要になります。

 

上達をするためには時間がどうしてもかかります。

すぐに上達できるなら苦労しません。

 

すぐにできる技術は技術とは言えません。

じっくりと時間をかけ、磨いた技術は一生使えるスキルに変わります。

 

・良い姿勢

・楽な動き

・色んな状況にも対応ができる

・色んなボールをコントロールできる

・怪我をしない

 

そんな至高のスキルを手に入れましょう。

気になる方はどんどん質問してくださいね。

 

八尋 健のプロフィール

ブリヂストンスポーツアリーナ久留米テニススクールコーチの八尋です!
主な戦績
○2009年
関西学生テニス選手権大会 BEST4
○2012年
九州室内テニス選手権大会 優勝
○2014年
全国テニス選手権大会 準優勝
○2017年
全国テニス選手権大会 優勝
※戦績はすべてシングルスです。
自分のモットーは生涯現役。
コーチと選手を両立させ、自分の経験をもとにお客様がよりレベルアップ出来るようサポートしたいと考えています!!
気になった方はぜひブリヂストンスポーツアリーナ久留米テニススクールへ!宜しくお願い致します!!


最近の記事


バックナンバー

このページの先頭へ