テニス スタッフブログ

フォアハンドストロークにおける邪魔な動き

こんにちは。

テニスコーチの八尋です。

 

今回は「フォアハンドストロークにおける邪魔な動き」というテーマでお話します。

 

  • フォアハンドが安定しない
  • フォアハンドが苦手
  • 振り遅れる
  • 打点が近くなる
  • トップスピンが打てない
  • 股関節、膝、足首、肩、肘、手首が痛い

 

そんな悩みがある方は今回お話するのが当てはまっている可能性が非常に高いので紹介します。

 

ざっくり言うと2つ

 

  1. 2度引き
  2. 前重心

 

になります。

私が見ている限り、この2つで上手くいっていない人が100%に近いです。

 

  1. 2度引き

2度引きとは1度テークバック(ボールが来てから腕とラケットを後方に準備する)が終わって、ボールを打球する直前でもう1度腕(ラケット)を引くこと

2度引きをしてはいけない理由をざっくり説明すると

  • 余計な力が打球の瞬間に入る(ケガにつながる)
  • 打点を前にとれなくなる(気持ちがよくない)
  • 打点に対して横振りになり縦回転をかけることができない(安定しない)

なぜもう1度腕やラケット引いてしまうかというと

「ボールのバウンドにタイミングを合わせているから」

というのが大きな原因になります。

 

  1. 前重心

前重心とはボールの打球直前、直後に前足に体重が乗って頭、上体が前に傾くことです

前に身体が傾くことによって

  • ネットしやすくなる(ネットしないために腕が曲がり、打点が詰まる)
  • ネットしないように重力に逆らい腕を上げる()
  • 踏み込んだ前足に身体の重みがかかり膝に負荷がかかる

なぜ前重心になるのか

「足や腰で腕を振ろうとしているから」

というのが原因です。

 

私がまずしてほしいと思っている練習は

 

  • 一人練習
  • ミニラリー

 

などボールを強く飛ばす必要がない練習から丁寧にする必要があります。

 

いきなりロングラリーになるとボールを飛ばしたくて、いつもの癖がでます。

 

まずは丁寧に動きを確認してください。

 

一度、今までの自分を忘れて0からやり直す気持ちでやってみましょう。

 

本当にうまくいかないと思っている人ほど失うものはないのですから。

本当に変えたいと思っている方はプライベートレッスンがダントツでおすすめですよ。

八尋 健のプロフィール

ブリヂストンスポーツアリーナ久留米テニススクールコーチの八尋です!
主な戦績
○2009年
関西学生テニス選手権大会 BEST4
○2012年
九州室内テニス選手権大会 優勝
○2014年
全国テニス選手権大会 準優勝
○2017年
全国テニス選手権大会 優勝
※戦績はすべてシングルスです。
自分のモットーは生涯現役。
コーチと選手を両立させ、自分の経験をもとにお客様がよりレベルアップ出来るようサポートしたいと考えています!!
気になった方はぜひブリヂストンスポーツアリーナ久留米テニススクールへ!宜しくお願い致します!!


最近の記事


バックナンバー

このページの先頭へ