テニス スタッフブログ

より美しいテニスを求めて

こんにちは。

テニスコーチの八尋です。

今回は「より美しいテニスを求めて」というテーマでお話をしていきます。

まず、美しいテニスとは

  • 余計な筋力を使っていない
  • テニスをしたことがない人でも美しく見える動きである
  • 重みの流れが自然で滑らかである

のが私の中での定義です。

テニススクールに通って練習を頑張れば「自然」と美しいテニスになる。

なんてことは絶対にありません

テニスの練習を沢山するほど「筋力」が自然とついてきます。

特に、大人からテニスを始めた方ほど、日常生活の癖がテニスの動きに出ます。

筋力がつき、その筋力を「余計に使う」ことで怪我が発生します。

 

テニスをしていて1番さけたいのが「怪我」です。

その怪我をしないためには、動きの改善を常に求める必要があります。

では具体的に何をしたらいいのか。

それは2択あります。

①1人で練習する

②コーチに直接見てもらう

 

①1人で練習する
1人で練習をする方法を紹介します。

  • 鏡の前で素振り
  • 素振りを動画撮影
  • フェンスなどに打球したところを動画撮影
  • 壁打ち

が有効な練習です。

動画撮影は皆様のスマホをご利用ください。

三脚があるとすごく便利です。

私はよく壁打ちをしますが、BSの近くなら河川敷の高架下がおすすめ。

特に有効なのが動画撮影です。

自分の理想の動きがあれば、実際に動画撮影して素振りをしたり、ボールを打ってみてください。

全くできないのがわかります。

自分の身体を思い通りに動かす難易度を知ってください。

 

②コーチに直接見てもらう
そもそも、どう練習をしたらわからないと感じる方が多数だと思うので、コーチに相談してみてください。

コーチに見てもらうのが正直早いのですが、お金がかかるからイヤですよね。

まずは、自分で練習してみて「もうだめだ」と諦めそうになったらお願いしてみてください。

グループレッスンで動きを変えるのは難易度が高すぎます。

動きの改善は、プライベートレッスン一択ですので相談してみてください。

 

自分の動きをまずは知ることが、はじめの一歩になります。

グループレッスンでは、楽しさ、交流、試合に強くなる練習をしていいです。

大きな壁にぶつかる時が必ず来ますので、その時にはじめて自分を知り、自分と向き合ってください。

どうせテニスをするなら「○○さんのテニスは本当キレイだよね」と言われたくないですか。

八尋 健のプロフィール

ブリヂストンスポーツアリーナ久留米テニススクールコーチの八尋です!
主な戦績
○2009年
関西学生テニス選手権大会 BEST4
○2012年
九州室内テニス選手権大会 優勝
○2014年
全国テニス選手権大会 準優勝
○2017年
全国テニス選手権大会 優勝
※戦績はすべてシングルスです。
自分のモットーは生涯現役。
コーチと選手を両立させ、自分の経験をもとにお客様がよりレベルアップ出来るようサポートしたいと考えています!!
気になった方はぜひブリヂストンスポーツアリーナ久留米テニススクールへ!宜しくお願い致します!!


最近の記事


バックナンバー

このページの先頭へ